サイトマップお問い合わせEnglish
北越急行株式会社
ホーム >> 芸術祭列車 JIKU #013 HOKUHOKU-LINE
  • 運行状況
  • よくあるご質問
  • 各種お申込み
  • お問い合わせ
  • ほくほくスマイルクラブ
  • グッズ販売 北越急行オンラインショップ
  • ほくほく線沿線情報誌ほっくほくマガジン
  • Wi-Fiつかえます
  • ほくほくギャラリー
  • 光ファイバーケーブル
芸術祭列車 JIKU #013 HOKUHOKU-LINE
photo : Nakamura Osamu
芸術祭列車
「越後妻有 大地の芸術祭 2022」期間にあわせて芸術祭列車を運行します。
運行日: 4/29.30 5/1 ~ 8 7/30.31
8/6.7.11.13.14.20.21.27.28 9/3.4.17 ~ 19.23 ~ 25
10/1.2.8 ~ 10.15.16.22.23 11/3.5.6.12.13
鑑賞方法: 特別列車(六日町~十日町・まつだい間運行) に乗車して、美佐島駅停車中に作品を鑑賞します。
通常の乗車券のほかに鑑賞料金が必要です。
事前予約ができます。「運行時刻」の右欄「予約する」から予約してください。
運行時刻: 六日町駅~まつだい駅間(途中、十日町駅のみ停車)※美佐島駅では乗降できません。

鑑賞料金: 大人700円(作品鑑賞パスポート提示で500円)、小中学生400円(税込)※別に乗車区間の運賃が必要となります。
鑑賞料金のお支払い方法は予約サイトでのクレジットカード決済または当日、現金でお支払いいただけます。
乗車定員: 1便あたり25人
作品名:JIKU #013 HOKUHOKU-LINE
都市開発や地形の変化などで見えなくなった地域の軸や視点の軸・歴史の軸を光で表現するプロジェクトシリーズです。
本作品は、ほくほく線の美佐島駅が舞台。1997年に開通して以来、新たな地域とのつながりを生み出してきたほくほく線。その軌道を使って、地点と地点を結ぶことの尊さやエネルギーを表現した作品です。特別列車の前後に設置された照明装置によって、まっすぐに伸びるトンネルが音と同期して照らされ、特別列車に乗車して訪れた人だけが鑑賞できる、体験型作品となります。
作家:パノラマティクス/齋藤精一
技術と表現の新しい可能性を探求し、独自の作品だけでなくアーティストや研究者との共同制作も数多く行っている「ライゾマティクス」から、2020年に新たな社会や産業構造の創造と実装に向けて、立ち上がった「パノラマティクス」。2025 大阪 ・関西万博 People's Living Lab クリエイターでもある。
【お問合せ】北越急行株式会社 営業企画課 TEL.025-750-1251(平日のみ/9:00~18:00)